朝食はいつも一人ぼっち

koharu

2019-06-02
新しい(Aさん)恋物語
-

スポンサーリンク

緑に囲まれた道を抜けると目の前に
フラワーショップ風のカフェがあった

「ここ お花屋さん?」
「ええ でもお茶も飲めるんです 2階もあるんですよ」
まるで店員さんかのように
誇らし気に説明するAさんが
おかしくて吹き出しそうになった

「二階は意外と落ち着いた空間なんですね」

開店まもなくだったせいか
2階にはお客は私たちしかいなかった

外の景色を眺めながら
珈琲をいただいた
「今朝はコーヒーなんて飲む時間なかったから 
いつもより何倍も美味しいな」


「僕も毎朝インスタントコーヒーだからね
二人で飲むとこんなにおいしいんですね」


Aさんは毎朝一人で朝食を準備
インスタントコーヒーを入れて
食パンを焼いて
慌てて食べて出勤している
想像したら少し切なくなった

まるで一人暮らしのよう
奥さんは…寝てるのかな

でもそのことには触れなかった

今ここでAさんの家庭を想像したり
奥さんの話は
聞きたくなかったから

2019042016.jpg