魔法の言葉

koharu

2019-06-01
新しい恋物語
-

スポンサーリンク

「きれいだね」

そんなAさんの言葉が
魔法みたいにもっと私をきれいに
輝かせるんじゃないかな

「Aさんこそ いつも素敵で
Aさんが夫だったら
買い物も子供の行事も喜んで
一緒に行くのに…」


つい本音が出てしまった

Aさんは照れ笑いを浮かべて

「今の言葉そのままお返ししますよ」

そんなやりとりをしながら
私たちは並んで歩いた
どんな風に見えるんだろう
やっぱり夫婦かな

そう見えてほしいと思わせてくれるAさん

清潔感があって
優しくて 外見も内面も
嫌なところが見つからない

「まずはカフェですよね?」
「ええ もちろん」

「そうくると思いました
15分ほど歩きますよ」

お目当てのカフェがあるようで
いそいそと案内してくれた

桜並木を歩いて
公園を抜けて
散歩道をのんびり歩いた

たわいもないおしゃべりをしながら 

Aさん 私と出会ってから
おしゃれなカフェに興味を持ち始めて
いろいろ調べることが楽しいと言ってくれた

こんなに長く生きてきたのに
興味がなかったことや
知らなかったことがある
そんな発見も
新しい自分との出会いも
この出会いがあったからこそ

2019042010.jpg