夜、また彼に会いに行く

koharu

2018-02-16
過去の日記(乗り越えるまで)
-

スポンサーリンク

自然な形で
メールのやりとりを
するようになり
いつものように
メッセージがきた

でも今夜は少し文面が違っていた

「会いたいな、少しでいいから」
「今日はどうしたの?」

「無性にりかちゃんに会いたくてね」
「子供たち 寝たから
そっちに行こうか?」


「今夜はマスターがまだいるんだ」
「そっか、じゃあ無理だね」

「でも会いたい」
「それなら近くまで行くから車の中で話す?」
「ありがとう、待ってる」

うきうきしながら
夢中で準備をして
うちを飛び出した

そしてカフェ近くのバス停
で待っている彼を見つけた

助手席に乗りこむと
「この奥に空き地があるから
そこで話そう」

と言って案内し始めた

人気のない
ひっそりとした
空き地に車を停めた

そこから2人の会話が始まった