うんざりする言葉

koharu

2019-05-12
新しい恋物語
-

スポンサーリンク

年が明けて
寒い日が続いた

お互いの体調を気にしながら
毎日連絡を取り合った

春になったら 出会って1年
そのうち会ったのはたった3回

春になったら久しぶりに会いたいね 
なんて話していたけど

いつものラインでも
「会いたいな、今すぐそっちに行きたいよ」
「近くにいたら○○してあげるのに」


「○○してあげたい」
Aさんはよくそんな言葉を文字にした

「ありがとう」

最初は本当にそう思っていた

だけど毎日のように
その文章が綴られている

はぁ…
またか… 

どうせできないくせに
口だけならなんとでも言えるし

私の中にブラックな感情が湧いてきた

わかってるよ
言葉だけでも気持ちだけでも
十分ありがたいことだって

だから
「気持ちだけでも嬉しいよ」
「ありがとう」

と返信してきた

でもその言葉にうんざりしていたある日

また出た
「忙しいリカちゃんのために
僕が家事して休ませてあげたいな」


ありがとう よりも 
もう、恩着せがましいよ
と思ってしまい
黙っていられなかった

2019042021.jpg