今までの感覚で接する

koharu

2019-05-07
新しい(Aさん)恋物語
-

スポンサーリンク

クリスマス前に会って
いい時間を過ごして
またお互いの日常に戻った

毎日ラインだけの繋がり
だけど確実に私たちは近づいていた

朝だけだったラインの回数も
徐々に増えた

うちは単身赴任家庭で
夫の視線がほとんどなかったのと
元カレが独身だったこところもあってか
ラインだけは気軽に時間を選ばず
できるものという感覚だった

だけどAさんはそうじゃなかった

Aさんだけじゃない
普通の既婚者は違うものだと
初めて知った

特に男性は家で急に
スマホを気にするようになったり
触る時間が増えると
怪しまれたりする

そんなこと考えたらわかるはずなのに

私は今までの感覚が抜けず
寂しさや不安から
自分と同じように
ラインをみることを
求めるようになっていた

kongai18.jpeg