すべてを打ち明ける

koharu

2019-04-11
過去の日記(乗り越えるまで)
-

スポンサーリンク

美味しいお料理を
ご馳走になりながら
今までの苦しかったことが
ようやく報われたんだと
感無量になった私

images4.jpg

でもその後A氏に対して
心苦しい気持ちが襲ってきた
「私…あの」

「まぁ ここはお料理を楽しんで
後で珈琲でも飲みながら話しましょう」

A氏は何かを察したかのように
気遣ってくれた
「はい」
気を取り直して
それからは食事を楽しんだ
「わぁ、これ、おいしい」
「そうですか?よかったよかった」

食事を終えたら
店員さんが同じフロアのソファー席に
案内してくれた
「こちらでごゆっくりと」

「熱い珈琲でいいですか?」
目の前には綺麗な夜景が広がっていた

「ええ、素敵です まるで夢のようです」

「そんな大げさだな」
そう言って笑ったA氏

それから私は
自分の過去を夢中で話した
隠すことなくありまのままを

バツイチの彼を好きになって
婚外恋愛をしていたこと
1年半前に失恋をして
悲しみに暮れたこと

その時、もう二度と恋はしないと誓ったこと
いまもなおトラウマに苦しんでいること

時々 胸がいっぱいになって
涙が溢れそうになったり
声を詰まらせたりしながら
精一杯自分の言葉で話した

自己満足でも
ドン引きされても
全てを知ってもらいたかった

これからの自分を理解してもらうために