楽になるための手段

koharu

2019-01-29
過去の日記(乗り越えるまで)
-

スポンサーリンク

彼から最後のメールが届いてからの数日間は

images4.jpg

淡々と暮らしていたのか
毎日泣いていたのか
正直覚えていない
抜け殻の
放心状態だったから

ただ彼を思い出すような
ものはできるだけ
避けていた

無意識のうちに…

心が拒否反応を示していたのかな
ほんの少しでも遠ざけて
楽になりたかったのかな

二人でよく聞いていた音楽も
車の中ではラジオに切り替え
あんなに好きだったミュージシャンの
CDは見えないところに隠し
テレビで見かけるとチャンネルを変えた

出かける用があって
彼のアパートの近くを
通る時も わざわざ遠回りした

二人で出かけた場所
思い出の服
お店
風景
彼にもらったもの
好きな食べ物
苦手なもの

彼を連想させるものは
全て封印して生きていた

もちろん封印しきれるわけは
なかった

たくさんありすぎて