泣いても朝はやってくる

koharu

2019-01-28
過去の日記(乗り越えるまで)
-

スポンサーリンク

彼を手放して

心にぽっかり穴が開いたけど

人はそれなりに生きていけるんだな

20140119.jpg


眠れなくて
1人お布団の中で
涙が溢れても
必ず朝がやってくる

時間が経てばお腹も空くし
お風呂に浸かれば気持ちいいと思える

子供たちと遊ぶと自然に
笑顔になってたり
ママ友とのランチでは
時間を忘れておしゃべり

ガーデニングに没頭する時間
丹精込めて育てた花が咲くと
嬉しかった
愛犬にも癒された

彼ばっかりの4年間
女を優先してきた4年間

その間
こんな楽しみや喜びを
心の底から感じることは
なかったかもしれない

母とも時間を多く持って
温泉旅行にも
連れていけた

少しづつ
彼がいなかった頃の自分を取り戻していた