新たな展開に戸惑い

koharu

2018-12-08
過去の日記(乗り越えるまで)
-

スポンサーリンク

その後 何事もなかったように
運転し始めた彼

「まさかぴったり後ろに
自転車がいるとは思わなかった
ま、でも車にも傷はついていない
みたいでよかったよ」


大事に至らなかったことを
強調しながら
明るく振る舞っていた彼

数分後 彼の携帯に
見知らぬ番号から着信が入る

その相手や内容は
彼の話すトーンで
なんとなく察した
「え?話が違うじゃないですか」

鎮まっていた動悸がまた私を襲った

やっぱり念のため
事故の届出をしてほしいと
相手の女性から電話があったのだ

相手の女性は
仕事中の出来事だったようで
会社からきちんと届を出すように
言われたらしい

相手が後から態度を変えてくるのは
よくあることで
そうか やっぱり
という気持ちが大きかった

「なんだよ 届は必要ないと言ったくせに」
「私も行った方がいい?」
「いや いいよ
俺一人で行ってくる リカはここで待ってて」


ぶつぶつ言いながら
彼は手続きに向かった

私は一人で待つ間
この件が夫の耳に
入ることになったらどうしよう
そればかりが気になっていた

IMG_2061.jpg