どうなっても後悔しない

koharu

2018-10-01
過去の日記(乗り越えるまで)
0 COMMENTS

スポンサーリンク

もう一泊すると決めたら
二人とも一気にテンションが上がった

いろんな心配はあったけど
朝、始発で帰ればなんとかなる
と思った
なんとかならなくても
後悔しない自信があった
このまま帰る方が
よっぽど後悔しそうだったし
それよりも今しかないこの時間を
楽しみたかった


「さっきの私たちドラマみたいだったね
バスに乗り込んできたこうすけ かっこよかったなぁヽ(´∀`)ノ」

「惚れなおしたか?」
「うん、だからもう一回やってよ」
「できるかー!(笑)
ずっと泣きべそかいてたくせにもう笑ってる」


「だって嬉しいんだもん」
「リカがあんな風に駄々をこねたの初めてだな」

「もう歩けない~だって」
思い出し笑いが止まらない彼

「もう、笑わないでよ
ほっとしたらお腹空いた」


「帰ったらなんか作ってやるよ」

そうしてまた二人は同じ部屋に戻った

小さなワンルームの部屋は
お互いの思いが届いて
幸せな空気で満たされていた


201809291116034d9.jpeg

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply