二人だけの大晦日

koharu

2018-09-28
過去の日記(乗り越えるまで)
0 COMMENTS

スポンサーリンク

カフェで話し込んで気付くと
2時間近くが経っていた
「そろそろ帰ろうか」
「うん」

「ごちそうさま」
席を立つとマスターが私たちの前にきて
「ありがとうございました
良いお年をお迎えください」
と挨拶してくれた

「はい、ありがとうございます」
「また 来年お二人揃ってのご来店
お待ちしています」

なんだか嬉しかったな

アパートに戻ると早速
彼は待ち兼ねていたかのように
迫ってきた
そして愛し合った
「今年、俺たち何回くらいしたかな?」
「やだ、もう」
「あはは 数えきれないな」

この1年いろんなことがあった
もうダメかと思ったこともあった
だけど最後は仲良く
新しい年も一緒に迎えられる

「新しい年を迎える瞬間
また一つになろうな」


意気込んだ彼の提案だったけど

結果は残念ながら
酔っぱらって寝てしまった

そんな大晦日だった
IMG_7977.jpg

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply