人目を気にせずに

koharu

2019-11-19
-

スポンサーリンク

「こないだ 話したでしょ
そうゆう場所に行くことに
プレッシャー感じることないって
二人でのんびり過ごすだけでもいいって」

「そのとおりだよ
でもリカから誘われる
とは思わなかったから嬉しかった」

肩の力を抜いて
そのままの気持ちを
ぶつけただけ

たくさん時間がある
貴重で夢のような時間を
誰にも邪魔されたくなかった

甘えたくても
手を繋ぎたくても
人目や歳を気にしてしまう

そんな縛りから解放されたかった

20180929111658a35.jpeg