届かなかった思い

koharu

2019-10-01
-

スポンサーリンク

私は彼の行動に一喜一憂しない
強い心が欲しかった

お互いを思い遣り
寄り添い
穏やかに愛を育みたかった

だけど私にはできなかった
思いが強くなってしまったから
でもその思いが最後まで
Aさんに届くことはなかった

夜遊びの度
帰ってこないAさんの身を案じる
Aさんの行動が読めない私は
神経をすり減らした

思えばここ数か月
精神も身体も弱く休日は
寝てばかりいるAさんの心配ばかりしていた
お大事に…
と何度声をかけたかわからない

気丈に振舞っていたけど
私もギリギリのところにきていた

その夜も Aさんは発散し
我を忘れて楽しんでいた

私たちの歴史の中で
最長の時間の苦しみを受けて
息も絶え絶えだった私は
見事にノックダウン

何度味わっても慣れない苦しみに
ピリオドを打ちたい
心が悲鳴をあげた

取り乱すことも
追いかけることも
しがみつくこともない
そんなことをしたって無意味だと
教えてくれたのは元カレ

傷はまた少しづつ再生されて
いつか新しい景色が見えるかな

c093c39779c4b95d81a8689f8b572b24_t.jpeg