傷が浅いうちに

koharu

2019-08-06
-

スポンサーリンク

もうこのまま終わってもいいかも…

忙しく余裕のないAさんに
振り回されるこの時期

数年も経つと
私自身の心が持たなくなった

だけど以前に比べあまり辛くなくなったのは
免疫がついたから?
壊れる前に
手放すことを知ったから

執着することが自分を苦しめることを
身をもって体験して
今回は傷が浅いうちに
勝手に自分の心が離れていった

私にとってAさんはパートナー
それぞれのことに忙しく
相手を思いやる余裕がない時は
距離を置く時間があってもいい

そっとしておこう
またきっと戻ってくる
Aさんを想う気持ち

冷めたとか
嫌われたとか
他に好きな人ができた とか
そんな心配はしていない

もしそうであってもいいの

一番の理解者であることには変わりないから
そうゆう思いはなくならない
それは元カレとは全く違う
気持ちだった

2018092911160092e.jpeg