気が利かない自分

koharu

2019-05-02
現在
-

スポンサーリンク

kongai02.jpeg

3度目に会った時
Aさんからいただいた
木箱入りのクッキー

「なんだか食べるのもったいないな」

「そう言わずにちゃんと期限までに食べて下さいよ
お子さんたちとね」


お子さんたちと…
自然にそんな言葉が出るAさんに
心が和らいだ

「やだやだ 子供たちに見つかったら一瞬で
なくなっちゃいますから」

「いいじゃないですか
そしたらまた買ってきますよ」


また買ってくる…また会える
そんな連想までしてしまう

「空になった木箱には何を入れようかしら」
「それも楽しみですね」


「それにしても手土産とはいえ
女性に贈り物なんてここ何年もしたことなかったから
緊張しましたよ」

「そうなんですか?」
「もちろんですよ
結婚以来初めてかもしれません
自分で選んだものを贈るなんて」


「奥様には?」
「結婚前には贈ったかもしれませんが
最近は勝手にしてますよ 僕はお金を渡すだけです」


Aさんの話が本当なら
こんなに光栄な話はないな

Aさんに比べて
私は 何にも持ってこなかったなぁ

「私、何にも用意してなくて」

「あはは、いいんですよ
りかちゃんは来てくれただけで十分
失恋を乗り越えた報告 
それが僕にとっては何よりの
クリスマスプレゼントです」


そんなありがたいことを言ってくれたけど
気が利かない自分が
ちょっぴり腹立たしかった

クリスマス前なのにな…