FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

09

静かに 思いは熱く

スポンサーリンク

「二階に行く?」

「何言ってんのよ、おバカ」

「わかった、じゃあ
もう少しだけ」
彼は座ってからまた
私に抱きついた

私のふわふわの白いセーターに
顔を埋めていた

「気持ちいい」
「うん」

時が止まってた

(後で聞いたら この時彼は、、
思ってた以上に私の
胸が大きくてびっくりしてた)

私は彼の髪を
優しくなでていた

「そろそろ 行くね」
「うん、来てくれて
ありがとう」

もう一度 外に出る前に
抱き合ったけれど
不思議なことに
キスはしなかった
していてもおかしくない
シチュエーションだったのに
でもその時はなんとも思わなかった
自分の中では
すごい進展だったもの

そのことだけで
満たされていたし
彼には好きな人がいると
知ってるから
ちょっと雰囲気に
流されただけのこと

そして彼は私の車が
見えなくなるまで
手を振って
見送ってくれた

0 Comments

Leave a comment