彼の誕生日

日記
01 /28 2018
「僕、昨日 誕生日だったんですよ」
何気ない会話から
急に飛び出した

「え、そうなの?
おめでとう
早く言ってよ〜
ケーキくらい
買ってきたのに」

「ありがとうございます
33になりました」

「若いなぁ
お祝いしてもらった?」

「ええ、まぁ
誕生日だけは
大切にする家族なので
母や兄弟が祝ってくれました」

「そっか そっか」

(知りたいのは そこじゃない
んだけど)

翌年から
この日の前日
つまり彼の誕生日は
私にとって
特別な日になる

別れた今でも
その日は記憶から
なくならない

コメント

非公開コメント

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…