お料理教室(2)

日記
01 /15 2018
お料理教室2

当日私は車で彼を拾って
看護師仲間の御自宅へ

「あそこの郵便局の前でね」

曲がり角を曲がると郵便局だ
はやる気持ちを落ち着けてと

彼を発見
黒のTシャツに濃いベージュのジャケット
そしてジーンズ
背が高く がっしりとした彼は
いつもと雰囲気が違って
かっこよくて眩しかった

私は当然ごとく助手席のドアを開けた

「おはようございます
今日は乗せてもらってすいません」

「どうぞー^ ^」

「いやぁー美人看護師の助手席
は緊張するなぁ」

「またぁ、そうやってすーぐ
からかうんだから」

(このままドライブにでも
行きたい気分だよ)
なんて思ってたら
もう着いた
ほんと秒だな

着いたらそこには

「女子だけで良かったのに〜」

なんて言ってた持田さんも
ちゃっかり来ていた

狭いキッチンに5人
窮屈だけど
彼が時々私の隣に立って
お手伝い

「このお皿拭いてくれる?」

「危なっかしいな、指切るなよ」

(この時は隠していたようだが
彼の料理の腕前はかなりハイレベル
だということを 後に知る)

クスッ まるで新婚さんみたい
心が躍った

時々、ふと彼が
敬語を忘れて話しかけるのが
たまらなくキュンとする

持田さんとも今日は
揉めずに仲良くやってたな

そしてみんなで試食して
楽しい時間をすごした

帰りは
「この後、用事があるので
バスで帰ります」
と言われた

(もしかして彼女とデートかな)
頭をよぎった

コメント

非公開コメント

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…