同僚との衝突

01 /13 2018
リハビリ担当の
石田先生は
看護師の私たちとは
患者のことで
意見交換したり
前向きな話し合いをして
いい関係を築いていたけど
介護スタッフに対しては
患者への接し方や態度に厳しく
嘆くことが多かった

「ちょっとぉ、山田さんは
右足に麻痺があるのに
そんなやり方したらダメじゃないか」
「田中さんは支えてあげれば歩けるのに
どうして車イスに乗せてるんですか!」

「はいはい 」
そんな感じで流しているスタッフが
ほとんどだったが

「仕方ないんです。
人手が足りないんですから」

「事故が起きるよりマシでしょ」

彼が入職した当初から
私より2つ歳上の介護スタッフの
持田さんだけは反発してた

「それは医療者側の都合でしょ
患者のことを考えて
仕事して下さいよ」

「ちゃんとやってますよ!」

時に涙を浮かべながら
廊下で大喧嘩

持田さんが泣きながら
反論しても
石田先生はひるまない

「もう、いい。先生には
何を話しても無駄」
逃げる持田さんを追いかけていって
諭す場面もあった

その2人を引き離して
なだめるのが
主任と私の役目

「山口さん、ごめんなさい
患者の前で熱くなって。
でも石田先生こそ、現場のこと
何もわかってないのに偉そうに」

「でも、やっぱり
患者の前で感情的になるのは
よくないよ」

2人は水と油
そんな感じがしていたけれど
意外と似てる
2人とも感受性豊かで
実は繊細な心の持ち主
純粋で子供みたいなところがある

お互いに感情をぶつけ
言い合えるのは
ある意味羨ましくもあった


リハビリ担当の
石田先生は
看護師の私たちとは
患者のことで
意見交換したり
前向きな話し合いをして
いい関係を築いていたけど
介護スタッフに対しては
患者への接し方や態度に厳しく
嘆くことが多かった

「ちょっとぉ、山田さんは
右足に麻痺があるのに
そんなやり方したらダメじゃないか」
「田中さんは支えてあげれば歩けるのに
どうして車イスに乗せてるんですか!」

「はいはい 」
そんな感じで流しているスタッフが
ほとんどだったが

「仕方ないんです。
人手が足りないんですから」

「事故が起きるよりマシでしょ」

彼が入職した当初から
私より2つ歳上の介護スタッフの
持田さんだけは反発してた

石田「それは医療者側の都合でしょ
患者のことを考えて
仕事して下さいよ」

持田「ちゃんとやってますよ!」

時に涙を浮かべながら
廊下で大喧嘩

持田さんが泣きながら
反論しても
石田先生はひるまない

「もう、いい。先生には
何を話しても無駄」
逃げる持田さんを追いかけていって
諭す場面もあった

その2人を引き離して
なだめるのが
主任と私の役目

「山口さん、ごめんなさい
患者の前で熱くなって。
でも石田先生こそ、現場のこと
何もわかってないのに偉そうに」

私「でも、やっぱり
患者の前で感情的になるのは
よくないよ」

2人は水と油
そんな感じがしていたけれど
意外と似てる
2人とも感受性豊かで
実は繊細な心の持ち主
純粋で子供みたいなところがある

お互いに感情をぶつけ
言い合えるのは
ある意味羨ましくもあった


コメント

非公開コメント

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…