落ち込んだ本当の理由

koharu

2018-10-16
過去の日記(乗り越えるまで)
0 COMMENTS

スポンサーリンク

もういいよ 気持ちがないなら

その時は本気で思った

「嘘ついたことは謝る ごめん」

口論から 一変
シュンとした態度を見せる彼

へぇーやっぱりそこは素直に謝るんだ 
と冷ややかに思った私

なぜなら彼は
「俺は離婚して自分を見直す旅に出てから
小さな嘘もつかず正直に生きると決めたんだ」
と豪語していたから

「私 嘘をつかれたことも 
職場に気になる人がいることも 
電話して楽しそうにしてたことも
全部が嫌!!」


正直に気持ちをぶつけた

「電話してた人はそんなんじゃないし
今日初めて電話かかってきて
そりゃあ少しは雑談もしたけど
ほんとに仕事の話がメインだったんだよ」

「ふーん…」
「せっかくこれから二人の時間だったから
家に着く前には電話をきった 
そして嘘をついてしまった」

「はぁ、 小さな嘘もつかないこと 守ってきたのに」
「あー だめだな俺は」
深いため息をついて頭を抱えている

彼は自分で立てた誓いを自ら
破ってしまったことに反省して
落ち込んでいただけ
そうゆうこだわりは強いから

この流れなんか違う
と また感じるのだった
IMG_2103.jpg

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply