警戒心が薄れる

日記
06 /14 2018
彼がアルバイトを掛け持ちし始めた
と同時に私たちは
ほんの少しでも会いたい欲望を
抑えきれなくなっていた

最初の頃は職場以外の場所で
会うことに抵抗を感じ
警戒していたけど そのうち
だんだんと薄れてきていた

時間がない時は
互いの家のちょうど中間地点にある
空き地で逢瀬を重ねた
人気はほとんどない空き地だったけど
私の車や、彼のバイクが停まって
いるのを見られる可能性はあった
時にはもっと人目につく
ディスカウントショップの
駐車場で待ち合わせることもあった
ほんとに怖い物知らずだった

私たちの警戒心が薄れ始めたころに
ある事件が起きた

コメント

非公開コメント

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…