二人で乾杯

日記
05 /10 2018
キャリーバック1つの
お引越しはすぐに完了

引っ越し当日の夜
彼は私を招待してくれた
「この家の初めてのお客様だよ」
「これカセットコンロで作ったの?
大変だったでしょ」

「まだ、いろいろ揃ってなくて
ごめんな」

そう言って
鍋やフライパンのままの料理を
二人でつつく
そして格安のワインで乾杯
質素だったけど
大好きな人を目の前に
彼の手作りの料理をいただく
贅沢なひとときを感じていた

裸電球の灯りだけが
二人を映す
音楽もテレビもない
ただ二人の会話だけが響く
そして心ゆくまで愛し合った

このころが
幸せの絶頂だったかもしれないな


コメント

非公開コメント

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…