家族の留守中

日記
04 /29 2018
家族の留守中に
彼を呼び入れることがあった
夫が子供たちを連れて
2泊3日で帰省中の出来事

初日の夜
彼は私に得意の手料理を
振る舞ってくれた
いつもは暗くて孤独なキッチン
そこに彼が立つと
ぱーっと明るくなった
幸せな時間だな
まるで新婚生活だ
ジャレて時々彼に抱きつくと
「危ないなぁ
そこで大人しく待ってろ(*^_^*)」

と叱られた
「はぁーい(*≧∪≦)」

晩酌をしながら
彼が作った料理を
食べて楽しい時間を
過ごしていた時
忘れもしない
怖ろしい出来事
私たちを襲った






コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

secretさん、はじめまして
コメントありがとうございます
私も真面目で平凡な主婦
女であることも忘れて
このまま老いていくだけだと思っていました

家族の留守中に彼を入れたこと数回ありましたが
やはり怖くて小さな物音にも敏感になっていましたよ(*^-^*)
自宅は覚悟がいりました

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…