彼を自宅に入れる

日記
04 /26 2018
ご法度といわれる行為
婚外相手を
自宅に呼び入れること

すっかり理性が
麻痺している私は
家族が留守の間に
時々連れ込んでいた

初めて招いた日
彼はいつもの大きなリュックに紙袋だった
(図書館に行った帰りは
いつもたくさんの本を
紙袋に入れている)

私はキッチンで珈琲を入れ
リビングに運んできた

ふと目に飛び込んできた
明るい色にびっくり
出窓に見えたのは
ピンクのカーネーションの
鉢植えだった
今日は紙袋に
お花の鉢植えを隠してたんだv(o゚∀゚o)v
予期せぬ発想
サプライズの贈り物に
ぱあっと笑顔になる
その感激は今でも忘れない

でもやっぱり自宅は
落ち着かないものだし
生活空間を目の前にして
彼と仲良くするのは
抵抗があった

それは最初の頃だけで
そのうち平気でソファで
愛し合うようになった
慣れってほんとに恐ろしい




コメント

非公開コメント

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…