時々彼の行動に疑問

04 /25 2018
彼は気分の浮き沈みが激しい

あと決まったルーティンがあり
それを崩されると
パニックに陥る

予期せぬ出来事に弱い

一度 彼の担当の患者が
家からいなくなった時
彼は母親に電話して
どうしたらいいかと尋ね
母親の指示の通りに動いた
その話を後から聞いて
正直 ひいた

母親と電話で口論になり
母親が一方的に電話を
切ることがあった
その時も彼はうろたえて
何度も何度も電話をかけ続けた
「少し時間置いてかけてみたら?」
という私の指示など全然入らない

その姿は異様だった

彼にとって母親は絶大なる
教祖そのものであった



コメント

非公開コメント

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…