見えない壁で口論

日記
03 /31 2018
「俺だってたまには寂しくて
声が聞きたくなる時や
話したいこともあるんだよ」


「でもこの時間は子供たちが
そばにいるの
電話できる状況じゃないこと
わかってくれてもいいじゃない」


「わかったよ、もういい!」

「辛いのよ、私だって
そんなこと言われたら
もう付き合えない
いつでも相手してくれる人と付き合って」


と別れ話にまで発展する

電話を切ってしばらくすると
お互い冷静になる

テレビもパソコンもない部屋で
ひとりぼっちの彼は
どんな気持ちでいるんだろう
と想像すると
胸が締めつけられて
居ても立っても居られなかった

私から電話すると彼も
「ごめん、俺が悪かった
そんなことわかってるのにごめんな」

と謝ってくれる
その言葉がまた胸にささる
「ううん、
でも もう大丈夫
子供たちには会社の人と
言って電話してるから」


お互い自分を責めた
そして無理をした

その度に別れを
口にして彼を困らせた
本心ではないのに・・・






コメント

非公開コメント

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…