FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

09

2人で迎える朝

スポンサーリンク

激しく愛し合った後
彼は放心状態で
しばらく動けなかった

「ねぇ、どうだった?」
私は感想を聞いた
「やばいわ 」
「ほんとに?」

「 中毒になりそう」
「 ふふっ もう抜けられませんよ〜笑」
「あー また したくなってきた」
彼は やばいわ という言葉を
繰り返した

しばらくすると また
元気を取り戻した彼を
受け入れた
その後はさすがに
彼も私も 幸せの中で
こてんと 眠りに落ちた

朝 目覚めたら
寝息を立てて
眠っている彼がいる
すぐ隣に手を伸ばせば届く
愛する人の寝顔
私にだけ見せる顔

あの石田先生が・・
こんな近くにいる
彼の腕枕で
すっぽりと顔を埋めると
なんとも言えない安心感
に包まれた

まるで夢のような
妄想のような風景
非日常の感覚を味わい
酔いしれた

「はぁ・・・」
自分自身があまりにも
幸運な星の下に生まれたことに
感謝を捧げる深いため息

毎日 仕事、家事、子育て
精一杯 まじめに
生きてきたご褒美を
神さまからもらった
そんな気がした

いいじゃない
私だってこのくらいしても
頑張ってきたんだもん
そうよ 誰にも迷惑かけてない

幸せすぎて涙が溢れた

「おはよう こうすけ」

「ん、おはよう」

「きれいだよ、りか」
きれいだ と男性から
耳元で囁かれる日が
来るなんて
死ぬまでないと思ってた

夢なら覚めないで

それからまた私たちは求め合い
ひとつになった

この日から私たちは
もっと深い魔法にかかって
長い間 覚めることはなかった





激しく愛し合った後
彼は放心状態で
しばらく動けなかった

「ねぇ、どうだった?」
私は感想を聞いた
「やばいわ 」
「ほんとに?」

「 中毒になりそう」
「 ふふっ もう抜けられませんよ〜笑」
「あー また したくなってきた」
彼は やばいわ という言葉を
繰り返した

しばらくすると また
元気を取り戻した彼を
受け入れた
その後はさすがに
彼も私も 幸せの中で
こてんと 眠りに落ちた

朝 目覚めたら
寝息を立てて
眠っている彼がいる
すぐ隣に手を伸ばせば届く
愛する人の寝顔
私にだけ見せる顔

あの石田先生が・・
こんな近くにいる
彼の腕枕で
すっぽりと顔を埋めると
なんとも言えない安心感
に包まれた

まるで夢のような
妄想のような風景
非日常の感覚を味わい
酔いしれた

「はぁ・・・」
自分自身があまりにも
幸運な星の下に生まれたことに
感謝を捧げる深いため息

毎日 仕事、家事、子育て
精一杯 まじめに
生きてきたご褒美を
神さまからもらった
そんな気がした

いいじゃない
私だってこのくらいしても
頑張ってきたんだもん
そうよ 誰にも迷惑かけてない

幸せすぎて涙が溢れた

「おはよう こうすけ」

「ん、おはよう」

「きれいだよ、りか」
きれいだ と男性から
耳元で囁かれる日が
来るなんて
死ぬまでないと思ってた

夢なら覚めないで

それからまた私たちは求め合い
ひとつになった

この日から私たちは
もっと深い魔法にかかって
長い間 覚めることはなかった





0 Comments

Leave a comment