Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

婚外失恋を乗り越えて

価値観の違い(悲しい引越祝い2)

心を込めたプレゼントをトイレに飾られて気分を害した私もらった物をどこに飾ろうと本人の自由だしトイレが悪いわけではない母親に相談したことも急に気が変わったことも彼を責めることではない自分に言い聞かせてその後は明るく振舞ったでも帰りの車の中私は悶々とした気分になった帰宅しそのことをネットで調べると賛否両論あったけど前向きな意見も多かった押しつけがましいのはやめて前向きに取ろうこんな感じで 些細だけど残...

悲しい引越祝い

「なんか俺の部屋 殺風景だなぁ」彼は呟いた(そうだ 新しい門出に部屋が華やぐような引越祝いを贈ろう)花が好きな彼に手作りのプリザーブドフラワーの置物をプレゼントした「わおー きれいだ ありがとうテーブルに飾ろうかな、玄関もいいな」「うん、疲れた時にお花を見れば元気になるでしょ」次に来た時、その花は見当たらなかったその後、ある場所で発見したトイレ だった(こ、こんなところに …)私は悲しい気持ちになった...

結婚について気持ちの変化

既婚者の私が恋をして片想いが実り彼になった夫とは彼と関係を持つ前からレス状態夫への愛は冷めきっていた彼は独身彼との生活を描く結婚を夢見る 離婚を考える一番は子供のこと彼と子供の相性彼の性格(特性)が見えてきた夫として 親として ・・の彼離婚への面倒なプロセスを踏み慰謝料や養育費を払ったり女手一つで子供たちを育てること他にも山ほど乗り越えないといけない壁がある家庭を捨てて彼(不倫相手)と一緒になっても...

希望を持たせない

彼に希望を持たせて今は離婚はできないだけど数年後なら夫への愛情はとっくに冷めてるなのに この先もずっと一緒に暮らしていくよりも彼と愛のある毎日を送りたいそんな生活を夢見ることもあった子供たちが成長して手が離れたらそれまで待ってくれたらなんて都合良すぎる、ずるいよねもちろん言えなかった私は彼に期待を持たせずできるだけ長く一緒にいられるように考えるようになった...

再就職と引っ越し

再就職が決まりまずは住むところを探す私も暇を見つけては一緒に出掛けた1Kの安いアパートが見つかった引っ越しには車を出して荷物を運ぶ手伝いをした彼は訓練所に入るときに家具や私物はほとんど処分していたので荷物は段ボール数個私も家にあるタオルやカーテン、食器などをずいぶん持ち出した自分にできることはこのくらいしかないし彼のためならどんな奉仕も全然惜しくはなかった小さな部屋での一人暮らし時々情緒が不安定にな...

新たな試練の予感

再就職先は私の家の隣町にあるリハビリ専門病院車で1時間以内近すぎず遠すぎず私にとってはちょうどいい距離とにかく再就職が決まってほっとしたこのところ私の心もずっとざわついていたからでも・・・この頃から彼の情緒不安定な行動や行き当たりばったり人生に振り回されるようになるそして彼の特性について専門的な知識を持って接するようになる彼が訓練所を引き上げここで再就職をしてからが本当の意味で 私の苦悩や試練が始...

再就職の厳しさ

あっという間に訓練所を辞めて引き上げてきたとりあえず実家に身を寄せ失業保険をもらいながら再就職を探すという手に職があるとはいえ彼の経緯を含めての再就職は厳しい現実だった不合格になると落ち込みネガティブになったりイライラして親や兄弟と喧嘩したり暗い表情や弱気な彼の姿をみるのが辛かったけど私なりに言葉を選びながら励ました「ここには縁がなかったんだよきっと見つかるから焦らず探そう(^∇^)」やけを起こし大...

何も考えず投げ出して

「会いたかったよー」「嬉しいけど大丈夫なの?」「いいの!こうでもしないと外泊なんてできないんだから」まるで子供だ「もう 限界なんだよ」苦労話をいろいろ聞いていると彼の苦悩も理解できる「だけど逃げ出したままって訳にはいかないでしょ」「うん、リカに会えたからとりあえず明日には帰るよ」「もう辞めるつもりなのね」「うん、仲間にもこれ以上迷惑かけられないし体力も限界だし帰ってくる」やっぱり…なんとも複雑な気...

逃げ出す

短い夏休みが終わり訓練所に戻って10日ほど経ったある日の朝彼から電話があった「俺、今からリカに会いに行くからねー」「え?今から?」「うん、会いたいから…」わけがわからないまま指定された駅で彼を待った「ただいまぁ」「ねぇ、どうゆうことなの?また夏休み?」「違うよ、親戚に不幸があったと嘘ついて3日間休みもらったんだ」彼はあっけらかんとそう言った...

彼に負い目を感じながら

40前、今ならまだ彼の子供が産めるかもしれないでも自分にはあまり時間がないギリギリの歳彼と私の子供はどんなにかわいいだろう彼の溺愛ぶりが目に浮かぶ「いや、リカさえいれば…何もいらない」「罪悪感など感じる必要ないオレだって再婚だ」そう言ってくれる彼でもねこれは勝手に湧き出る感情で自然現象なの一生彼への罪の意識は消えないだってあなたの子供好きを知ってるもの欲しいに決まってるもの街で子供や家族連れを見か...