Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

婚外失恋を乗り越えて

それが彼なんだ

私との予定をドタキャンして家族と祭りを楽しんだそのことを悪びれる様子もなく話す彼もしかしたらその予定は前から決まっていたのかもしれないいやそれは違うきっと彼の言ってることは事実そう直感した本能の赴くまま思い付きで生きてる人だからでも祭りに行ってたことや家族と楽しくお酒を飲んだことを私に言わない選択肢もあったはずだ相手を思いやる心があれば傷つけないための嘘をつくことはできたはず「のんびりできたよ」「...

ぶつけようのない怒り

私の一日を返してよそう叫びたかったでもどうせ通じない「リカ、俺にはそんなことできないよ」ってきっと彼は返事するだけだもん自分の行動で相手がどんな気持ちになるかなんて私の気持ちなんて理解してはもらえないそのことを責めたところで祭りに参加してリカに怒られた としか彼の記憶には残らないのだからそれでも許せないどうしてそんなことができるの?自分がしたいと思えば何をしてもいいの?相手にも心があるのよそうやっ...

信じられない裏切り行動

その日ずっと音信不通だった彼から夜遅くに返信があった「こんばんは」「身体大丈夫?こんな時間まで一人でのんびりしてたの?」「連絡遅れてごめんね 実家に帰ってたんだ」「え?どうして?」「朝おふくろから連絡があって町内会の祭りがあるから来ないかと誘われて 面白そうだから行ってきたんだ」祭り?一瞬 私は耳を疑った 「話が違うじゃない?今日は疲れてるし誰とも会いたくないって」「その時はそう思ってたんだけどね...

音信不通

明日は休みなのに彼と会えない彼がそう望んだ私は くよくよして眠れない夜を過ごすショックや寂しさや怒り不安 孤独 疑問いろいろな感情が渦巻いた夜は特にマイナス思考になってろくなことを考えないそれでも朝を迎えたら気分が少し上向いた彼のことも許せたし理解しようと決めた私は気持ちを切り替えて自分らしく一日を過ごそうと思ったせっかくの時間がもったいないものそして「今日はのんびりして疲れを癒してね」とメッセー...

自分勝手

誰とも会いたくない私でさえも?そう言われたこと すごくショックだった前月 二人で一緒に合わせた休日彼の部屋にある大きなカレンダーそこにも二人で赤い丸印をつけた私はどんなにこの日を待ちわびていたか彼は前夜、私からの問いかけに誰とも会わずにのんびりしたいと言った私から連絡しなければそのまま放置するつもりだったんだねずるいよ仕事に疲れて たまにはそんな日もあるかもしれないわかってあげたいけど…でもこんな...

突然予定がなくなった休日

前月に 二人揃って休みを取ろうと約束した休日があった休みの前夜になっても連絡がこないので「明日会えるんだよね」とメールしてみたすると「あー 疲れてるから明日はゆっくりしようかな」「じゃあ二人で お昼寝したりのんびりする?」「何もしたくないし誰とも会いたくないんだよね」「そうなの?じゃあ私も行かない方がいいんだね」「ごめん、気持ちが冷めたとかそんなんじゃないから嫌な気持ちにならないで」「うん、わかっ...

会うとやっぱり

会っていないと不安でたまらなくてこんな辛い恋はやめたいと思う彼のことを気にしたくないもっと大人の自分で接したい連絡なくても笑顔で平気でいたいいつも太陽のような存在でいたい彼のためになのにダメなんだずっとずっと携帯を気にしてる返信を待っている嫌みを言ったり責めたりしてしまう会うといつもの彼がそこにいる私に過保護な彼大丈夫か?ほら危ないぞ今日は頭痛か?元気ないな何も言わなくても私のことは全部わかってる...

ネットで安心する

彼に悪意はないのに残念な出来事が度々訪れるそうすると自分の感覚が歪んでいるのかと確かめたくなる悶々とした気持ちをどこに持っていけばいいのか彼の行動に無性に悲しくなる自分の感覚がおかしいのか心が狭いのか小さい人間なのかそんな疑問を抱くとネットで調べるようになった同じように悩む仲間を見つけて自分だけじゃないんだと励まされたり「そっか そう思えば腹も立たないな」と発想の転換をしたり前向きになれる意見は積...

花火大会

彼のアパートは高台にあり少し歩いた空き地からは打ち上げ花火が観れる「今年はそこで花火を観ような」初めて彼に浴衣姿を見せたのは家族の帰省中に彼が泊まりに来た時浴衣を着てもてなすと彼は歓声を上げて感激してくれたその瞬間が忘れられなくてもう一度 彼を喜ばせたくて今度は彼のアパートで浴衣を着た異性を喜ばせる喜びもう二度と誰かのために浴衣を着る事などないと思っていた私押入れから 浴衣や帯を出してきて一生懸命着...

話せば話すほど残念

彼と話をしていると時々私は誰と話してるの?これって私の独り言?と錯覚する相槌がなく反応が乏しすぎるから「ねぇ、何とか言って」「聞いてるの?」楽しい話をしているのに無表情だったり違うところを見ていたり特に車を運転していると助手席の彼の反応が見れないから寂しい思いをした「うんうん」「へぇ〜そうなんだ」くらい言えないのかななんて求めたりしてしまう辛いことを話しているのに思い出し笑いしたり知ってる歌が流れ...