Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

婚外失恋を乗り越えて

まゆみさんと藤本君

まゆみさんのその後最初の食事で藤本君に身体を許したまゆみさんその後も連絡が来ない返信が来ないと大騒ぎするまゆみさん「彼は自分からは連絡しないしマメじゃないって言ってたんでしょ?」「うん、そうだけど・・」待つか追いかけるばかりいつも満たされぬ想い彼にとってはただの不倫相手割り切った関係それでも好きだし抱かれてる時は幸せなのと突然の連絡にも尻尾を振って会いに行き身体だけの関係を続けていたそうゆう男女の...

誓いの日

その怖い思いをした日から自分を貫いた心配していたことは起きていなかったけど二度とあんな思いはごめんだ調べるための物を買いに行く時から使用後の処分まで一人もしもの時に何かをされるのは私であって彼ではない彼は代わってはくれないどんなことをされるのかその恐怖と闘うのは自分だし身体へのダメージもすべて背負うもちろんそうなったら自分の責任だからこそ自分を大切にちゃんとしようと決めた...

胸をなでおろす

誰にも言えず不安な日々を過ごして待って待って買いに行くのも一人試すのも一人まさかこの歳になってそんな物のお世話になるなんて思いもしなかったそれも夫以外の子どもを宿したかもしれないなんて自分がそんな大それたことを悪びれることなくしでかすとは夢にも思ってなかったドラックストアで購入レジではなんとも気まずくて早くその場を立ち去りたかった家に着き 怖々と開封して説明書を読んだトイレに行き反応を待つあの瞬間...

心配な日々

責任とれないから彼を愛しているからこそその場の感情に溺れず自分の意思を貫くべきなのにくるとまたほっとしてちょっとだけなら大丈夫だろうとその場の余計悦びや彼を喜ばせたい衝動に勝てなかった一度だけ 予定の日から2週間遅れたことがあった何をしていても憂鬱そのことばかりが頭をよぎるネットで毎日のように検索していると負のループにはまりだんだん身体が変化してきているような錯覚に陥る胸が張ってる?とかこれって初...

心配してほしい女心

子供たちが寝てからこっそり抜け出す夜そして2時間ほど二人きりの時間愛し合って 少しまったりするタイマーをセットし時には深い眠りに落ちることもあったタイマーが鳴り 帰ろうとする私に彼は「心配だから着いたら必ず連絡しろよ」と約束させられた約20分ほどで到着彼に着いたよ〜と連絡するけれど返信がなかった私が帰宅した後すっかり寝落ちしているのだそのことが許せなくてよく彼を責めた人には約束させておいて自分は寝るな...

家族で外出の緊張感

一度彼に夫を見られてから家族での外出が怖くなった出かける時間帯や場所彼の行動パターンにも慎重になった彼がいるかも通るかもしれない場所には寄り付かなくなっていた普通なら逆かもしれない彼といるところを誰かに見られたら…とびくびくするものなのに私の場合は彼に会ったらどうしようそんなことばかりを気にしてたら家族でのお出かけを心から楽しめなくなっていた子供たちのせいじゃない彼に(以前に兄と言ってしまった)夫...

とっさについた嘘2

夫を見られた一番見られたくなかった人に心臓の鼓動が止まらなかったその後 彼からのメール「ご主人帰ってたんだね言ってくれたらよかったのに…仲良くお出かけ?」やっぱり気にしてる気を悪くしたかなそこで「やだぁ、あれ兄よ犬の具合が悪いから病院に付き添ってもらったの」とっさについた嘘だった「えっ、マジかぁ(笑) 俺、嫉妬しちゃったよ」「そんなわけないでしょ(笑)早とちりしないで」こんなこともあるんだなそして私に...

とっさについた嘘1

普段夫は単身赴任中だけどたまたま帰宅していた時の出来事飼っていた犬の調子が悪く病院に連れていくため犬を抱いた私と夫が玄関に出た瞬間遠くから彼のバイクの音が聞こえてきたいつもはうちの前の道は通らないけどその日は私が休みなのを知ってて(家の前を通って行こう)と思いついたらしいゆっくりと通り過ぎる瞬間私の前にいる夫に気が付いた(見られた)気まずい 胸の激しい鼓動が波打つ彼はヘルメット越しに固まっていたの...

毎月襲う不安

彼が完全に一人暮らしを始めてから 愛し合う回数も増えた私は自分でいうのも変だけど 妊娠しやすい体質だと思っているだから私の中では授かっても産めないなら避妊するのはごく自然で当たり前のことだった一方 彼は結婚生活の中で子宝には恵まれなかったそのせいか妊娠に対する危機感がなかったし過去に関係を持った女性からも「つけて」 と言われたことがないそうだだから初めての時 私が「つけて」と言うと驚いた顔をして「え...

二人で乾杯

キャリーバック1つのお引越しはすぐに完了引っ越し当日の夜彼は私を招待してくれた「この家の初めてのお客様だよ」「これカセットコンロで作ったの?大変だったでしょ」「まだ、いろいろ揃ってなくてごめんな」そう言って鍋やフライパンのままの料理を二人でつつくそして格安のワインで乾杯質素だったけど大好きな人を目の前に彼の手作りの料理をいただく贅沢なひとときを感じていた裸電球の灯りだけが二人を映す音楽もテレビもな...