悪夢

日記
04 /30 2018
私は途中から
身体の異変を感じ始める
お腹の痛みが
波のように
襲ってきていたのだ
まるで陣痛のように

その波は徐々に強くなってきた

彼も私の異変に気づいて
「りか、どうした?顔が真っ白だぞ
気分でも悪いのか」

と心配そうに覗き込んだ

どうにも我慢ができなくなり
彼に打ち明けた
「お、お腹が痛い」

「ちょっとトイレに、、、」

のたうちまわるほどの
痛みに耐えながら
倒れ込むようにトイレに入った

痛さのあまり
このまま失神するかも
という恐怖に襲われた

(もう無理、痛過ぎる)
意識が遠のく中
「りか、大丈夫か?救急車呼ぼうか」

救急車?

そしたらどうなるんだろう
彼は?近所の目は?帰省中の家族は?

いや、救急車は呼べない
彼に迷惑かけたくない
彼との時間を過ごしたい
まだ始まったばかりなのよ

こんな時でも
彼との時間を過ごしたいと
願う自分がいた

それから腹痛に加えて
激しい下痢が始まった
トイレから出られない

トイレの外では
うろたえる彼の姿
時々「りか、大丈夫か」
という彼の呼びかけに
「うん 」とだけ答えた
「大丈夫だから救急車は呼ばないで」
「わかった」

悪夢のような時間が流れて
ようやく落ち着いて
トイレから出る

彼は抱き抱えるようにして
私をベッドに運んだ

放心状態の中で頭の中を
ぐるぐる巡る
(きっとバチが当たったんだ)と…





家族の留守中

日記
04 /29 2018
家族の留守中に
彼を呼び入れることがあった
夫が子供たちを連れて
2泊3日で帰省中の出来事

初日の夜
彼は私に得意の手料理を
振る舞ってくれた
いつもは暗くて孤独なキッチン
そこに彼が立つと
ぱーっと明るくなった
幸せな時間だな
まるで新婚生活だ
ジャレて時々彼に抱きつくと
「危ないなぁ
そこで大人しく待ってろ(*^_^*)」

と叱られた
「はぁーい(*≧∪≦)」

晩酌をしながら
彼が作った料理を
食べて楽しい時間を
過ごしていた時
忘れもしない
怖ろしい出来事
私たちを襲った






彼の忘れ物

日記
04 /28 2018
彼を家に泊めた時の出来事

旦那と子供が留守の間に
彼を泊めた、その翌日

家族が帰宅した

「ママ、これなぁに?」と
息子が浴室から
持ってきたのは男性用の
シェービングムースだった
「あぁ、これね …」
とさらっと説明して
ごまかしたけど
血の気が引いた

忘れ物はないか
チェックしていたつもりでも
気付かぬところに
落とし穴
気の緩みが出てしまった

子供が幼かったから
大事に至らずに済んだけど

見つけたのが夫だったら
と思うとぞっとする

子供が幼かったから
自由にならないことも多かったけど逆に
言い訳できたりごまかしたりしてその場を
しのげたこともあった


初めての婚外に溺れて

今になって思うこと
04 /27 2018
今思うと
いろんな意味で無茶を
していた

とにかく会いたくて
10分でも20分でも
時間が許す限り
会っていた

朝は子どもたちが
学校に行った後
彼が出勤の途中に
うちに寄る
そして愛し合う

お昼休憩中に
バイクでうちに
来ることもあった

リビングのソファで
愛し合ったこともあった

無防備にもほどがある
今考えると
なんて怖ろしいことしてたんだろう
と思うけど
その時は無我夢中だった
完全に溺れていた

彼を自宅に入れる

日記
04 /26 2018
ご法度といわれる行為
婚外相手を
自宅に呼び入れること

すっかり理性が
麻痺している私は
家族が留守の間に
時々連れ込んでいた

初めて招いた日
彼はいつもの大きなリュックに紙袋だった
(図書館に行った帰りは
いつもたくさんの本を
紙袋に入れている)

私はキッチンで珈琲を入れ
リビングに運んできた

ふと目に飛び込んできた
明るい色にびっくり
出窓に見えたのは
ピンクのカーネーションの
鉢植えだった
今日は紙袋に
お花の鉢植えを隠してたんだv(o゚∀゚o)v
予期せぬ発想
サプライズの贈り物に
ぱあっと笑顔になる
その感激は今でも忘れない

でもやっぱり自宅は
落ち着かないものだし
生活空間を目の前にして
彼と仲良くするのは
抵抗があった

それは最初の頃だけで
そのうち平気でソファで
愛し合うようになった
慣れってほんとに恐ろしい




時々彼の行動に疑問

04 /25 2018
彼は気分の浮き沈みが激しい

あと決まったルーティンがあり
それを崩されると
パニックに陥る

予期せぬ出来事に弱い

一度 彼の担当の患者が
家からいなくなった時
彼は母親に電話して
どうしたらいいかと尋ね
母親の指示の通りに動いた
その話を後から聞いて
正直 ひいた

母親と電話で口論になり
母親が一方的に電話を
切ることがあった
その時も彼はうろたえて
何度も何度も電話をかけ続けた
「少し時間置いてかけてみたら?」
という私の指示など全然入らない

その姿は異様だった

彼にとって母親は絶大なる
教祖そのものであった



私の反省

今になって思うこと
04 /24 2018
家族にも誰にも
見せたことのない
お互いにしか見せない顔がある

2人きりになれば
彼は子供のように甘える
私も同じ
職場では二人ともクールに
振舞ってるから誰も
想像つかないだろうな

本来の私
無邪気で好奇心旺盛
意外に負けず嫌い
その性格を
知っているのは
彼だけだった

そんな自分をまるごと
受け入れてくれる存在に
感謝していたかな

私は自分の思い通りにならないと
あなたの気持ちが
わからないとか
あなたは人の気持ちを
汲めない人だとか言って
責めたり騒いだりしていた

人のことは見えても
自分のことは見えないものだ

過去の反省(。>ω<。)ノ


高め合う存在

日記
04 /23 2018
私たちは お互い
尊敬できる相手で
認め合っていた

天真爛漫で
人見知りしない彼の性格
あっという間に周りに溶け込む
私にはないところ

女性ばかりの職場は
何かとややこしい

彼と付き合ってる間
ある同僚とうまくいかず
無視されたり
きついこと言われたりして
悩んでいた時期があった
そんな時に彼はとても
的確な意見をくれた

彼の言葉にどれだけ
救われたか

彼は彼で無償の愛を
教えてもらったと言っていた
見返りを求めない心
普通はこんなにしてあげたのに
という気持ちが
発生するものだけど
りかには
恩着せがましいところがない
と言ってくれた

お互いにないものを
吸収して高め合う関係であった



彼とのお買い物

日記
04 /22 2018
彼とのお買い物は楽しい時間

人目を避けるため
車で1時間以上の街まで
出かけていた
ちょっとしたドライブ
激安スーパーを見つけてから
いつもそこに行っていた(^-^)

カートを押すのは彼の役目
どこから見ても夫婦
でもよく見るといつもカートには
2つのカゴ
上は私
下のカゴには彼の食材

お金がない彼、買うものは
だいたい決まってるから
さっさと自分の物はかごに
入れて私に付き合ってくれた

お会計は別々
レジにくると現実で
せつなくなったり
店員さんへの
気まずさもあった
いつしかそんな状況にも
慣れたけど

できればそんなことを考えずに
2人で買い物がしたいな
と思っていた







質のいい恋愛

今になって思うこと
04 /21 2018
前回の続き…になるけど

脳をリラックスさせる暇もない恋愛もまた
眩しく充実した日々だった

でも
彼を追いかける側に
なってしまった時
彼の気持ちが
わからなくなった時には
心のバランスがとれなくなって
しまった
私には彼がすべてだったから
彼だけが心の拠り所だったから

彼からの連絡をただじっと待つ
待たないと決めても
脳が反応する
完全に彼のアドレスを
消去できない自分

質のいい恋をしなきゃ
輝けない
質の悪い恋は自分を
ダメにする
辛い恋は老けるだけ

疲れていたあの頃より
歳はとったけど
今の方がきっと私は輝いてる

koharu

40代の主婦

婚外恋愛、失恋、
辛い日々を乗り越えることが
できた現在
優しく穏やかな気持ちで
自分の経験を元に書いています
暗くて孤独な迷路に入っても
きっと出口は見つかるから…