Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

婚外失恋を乗り越えて

可愛いメール

私のメールアドレスを教えた日帰宅していつものように子供たちと夕食を済ませてお風呂に入った子供たちを寝かせつけてほっとひと息ついた時メールの着信音が鳴ったもしかして・・・「こんばんは 石田です初めてこんなのを送ってまーす」こんなのと言うのはデコレーションメールのこと文字が楽しそうにクルクルと踊って賑やかな可愛いメールだきたきたーそれに、デコメなんかして(笑)「すご〜い、かわいい 派手派手メールありがと...

メール交換(2)

仕事に戻って記録をしていたら彼は 私の前につかつかとやってきて「嘘つき! 」と笑いながらさっきのメモを突き返した「え?なに、どーゆーこと?」「全然 送れないじゃないですか?」「うそ、そんなはずは、、あれ?あ、ここ間違ってた」「ごめんね 次は届くはず」「ほんとかなぁ、あー僕 心折れちゃったからなぁ」そう言いながら新しく書いたメモを握りしめて去って行った早速 、休憩室から試みたんだ文句言いにくるなんてなんだ...

メール交換 (1)

彼の誕生日から数日が過ぎたある日この日も彼は私を追いかけるように休憩室にやってきたそしてつかの間のランチタイム話が弾んであっという間に時間が過ぎたそろそろ仕事に戻らなきゃと立ち上がった私に「山口さんってメールするんですか?」「うん、するよそんなにまめじゃないけど」「これから仕事で連絡とりたい時があるかもしれないし教えてくれますか?」そういえば こんなに話してるのにお互いのメールも電話番号も知らない...

彼の誕生日

「僕、昨日 誕生日だったんですよ」何気ない会話から 急に飛び出した「え、そうなの?おめでとう早く言ってよ〜ケーキくらい買ってきたのに」「ありがとうございます33になりました」「若いなぁお祝いしてもらった?」「ええ、まぁ誕生日だけは大切にする家族なので母や兄弟が祝ってくれました」「そっか そっか」(知りたいのは そこじゃないんだけど)翌年からこの日の前日つまり彼の誕生日は私にとって 特別な日になる別れた今で...

片想いでも

なんとなーくお互い意識していると感じるような日があったりそうでもないか思いすごしか彼女いるんだもんねと思う日があったりただ 異性で気になる存在があるだけでこんなに仕事に行くのがワクワクするもんなのね肌や爪、手、持ち物お化粧も髪型も少しでもきれいに見られたいと気遣う自分がそこにいた...

男心をくすぐった?

翌日 私を見つけ彼が近づいてきたそして 落し物のお礼を言ってくれた私はにこにこしながら黙って聞いていた「ところであのシールはおまけですか?」「?なんのこと?」笑「いやいや、あんなことするの山口さんしかいませんから」「あははは、バレたかかわいいでしょでも 邪魔だったら剥がしてね」「安全運転のお守りを剥がせるわけないでしょ」いつもより弾んだ声で 仕事に戻っていった(ふふっ、お守りかぁ)これだけのことちょっと...

いたずら心

さて、これでよし普通ならそれで終わるはずだけど終わらないのが私さらに自分のカバンをごそごそ「あった これこれ」にんまり彼のバイクのガソリンメーターの下にペタリペコちゃんのシールいたずらな表情で舌をペロリと出してるペコちゃんちなみに私のバイクにも貼ってみたもちろん目立たない場所に(勝手にお揃いだぞー笑)気づいてくれるかな明日が楽しみだ...

落し物

残業して遅くなった12月のある日すっかり日が暮れて真っ暗なバイク置き場まだそこには彼のバイクもあった石田先生も残業中かぁそこで 一枚の紙を拾った「??」(リハビリプラン?もしかして石田先生の?)私はカバンをごそごそとし始めて持っていた絆創膏でその用紙を彼のバイクのハンドルに貼り付けた「おつかれさまでした。でも大事な患者様の情報落としちゃダメよ」とメモを添えてもちろん匿名その後ちょっとした私のいたずら心...

付かず離れずの距離

「山口さんって変わってますよね?」「突然 何よ」笑(本人は至ってノーマルなつもりなのだが?)「普通、そんな話聞いたら眉間にしわを寄せてドン引きしますよ」「あーそうゆうことね」彼の武勇伝か確かに波乱万丈だ私の周りにはいなかったタイプ過去のしてきたことはさておき、今もその面影が残ってる心は少年のようだものそのまんまの心を見せて 無邪気に笑う時々失礼だったり空気が読めない発言もあったり彼は気づいていないかも...

似た境遇

まゆみちゃんと私は学生の時に大好きな彼氏がいて3年も付き合ってて結婚も考えてたのにその彼が他の女性と浮気をしたのがバレて別れてしまったたった一度の過ちだったけどプライドが傷ついた私たちはどうしても許せなかったで、その後に知り合った今の夫とあっという間に結婚したやけを起こして結婚したわけではないけれど相手の背景や条件愛するより愛されて結婚したかったというところかな話せば話すほどそんなところがよく似て...